読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくるの大好き。

つくるのが大好きな人の記録。

2016まとめ: 広島東京Mix計画 #ma_2016

イベントレポート その他

今広島の実家に帰って食べて飲んで寝るデブスパイラルの合間にブログ書いてます。

昨年は一昨年から少しずつ進めていた広島東京Mix計画がかなり進展できました。

一昨年はTMCNの兄弟コミュニティHMCN(Hiroshima MotionControl Network)の立ち上げを全力で支援して勢いよく爆誕しましたねw

japanese.engadget.com

japanese.engadget.com

その後のHMCNは地元リーダー不在な感じがしててちょっとそこにはぼく的に昔から感じている内弁慶でシャイな県民性かなと思いつつ、まずカタチができたということで今後にとっても期待しています!
「楽しい駆動」になれば勝手に自転してゆくのかなと思いますが、それはそれで地域のカラーが出れば面白いなって思っています。

 

そして昨年、広島県さんMashupAwardsさんと意気投合(?)してMashupAwards2016の広島予選という位置づけでレッドハッカソンひろしまの企画・運営を支援させていただきました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/peugeot-106-s16/20161029/20161029204805.jpg

satoshi-maemoto.hatenablog.com

 

そしてこのハッカソン優勝チームはMashupAwardsでも「スポーツイベントの思い出アプリ」という作品で見事PayPal賞を受賞し、東京の予選、そして最終決戦の会場にもやってきました!
本当におめでとうございます!

mashupaward.jp

 

何よりぼく的に感慨深かったのは最後の懇親会。
会場は品川の日本マイクロソフト本社。
誰がここにカープのユニフォームを着た赤い勇士たちがやってくることを想像しえたであろうか。

広島の隠れた素敵開発者を東京のスポットライトに、という今年の目標がかなった瞬間でした。
本当に来てくださってありがとうございました!

f:id:peugeot-106-s16:20170102121753j:plain



広島と東京という都市を考えるときに広島の特色としては新幹線でも飛行機でも遠い、というのと経済的にそこそこの規模の街なので無理に外に出なくても一生そこでやってゆける可能性がある、というのが良い意味でも悪い意味でもガラパゴス化を生んでいるような気がしています。

ただぼくは東京に出てきたとき、自分が今まで見てきた世界は日本という国の47分の1に過ぎなかったんだなっていうことをすぐに肌で感じることができました。
そして東京の割と"意識高い"ほうの人たちは世界の数百ある国々の中の1つに過ぎない存在なんだっていう感覚で動いていることも知りました。
その目線で故郷を見るといろいろなものが見えてきます。

この感覚を知ってもらうために、まず一回外に出て空気を感じてもらうことを支援する何かができればなと思っており、同じような目的を持つ方々のご支援でそれを現実に目の当たりにできたことを大変感謝しています。

2017年も引き続きこういった面でもがんばりたいです!

2016まとめ:今年はパラレルワールドを作りたくなった

AR VR MR HoloLens KINECT Sensor Unity

いきなり頭おかしんじゃね系タイトルですみません。
正真正銘今年の振り返りですw

2016年を振り返るときに、これまで手がけてきたことが繋がって本当にパラレルワールドを作れる条件が揃って実現できるようになったんです。

そしてこれが結局ぼくが厨二どころか子どものころからやりたかったことだったんだな、という事がクリアになってきました。

まずパラレルワールドとは、Wikipediaによると

 

パラレルワールド(parallel world)とは、ある世界(時空)から分岐し、それに並行して存在する別の世界(時空)を指す。 並行世界、並行宇宙、並行時空ともいう。 「異世界(異界)」、「魔界」、「四次元世界」などとは違い、パラレルワールドは我々の宇宙と同一の次元を持つ。

 

とのこと。

 

生まれながらの世界作りたい厨

ぼくは小学生の時鉄道模型(Nゲージ)にハマり、押入れをひとつ貰ってそこを改造しレイアウト作成に精を出していました。
それは小さいけども新しい平行世界を作り、そこを覗いてみたいという思いがあったようです。
下の写真はまだ押入れ改造に着手する前ですが畳すれすれの目線から列車を覗くのが大好きでしたw

f:id:peugeot-106-s16:20161230172945j:plain

時は経ってプログラミングを覚え、オブジェクト指向を使い学び始めるとどうしてもDogとかCatじゃなくてWorldクラスから作り始めてしまう。
これは生粋の世界作りたい厨ですね。

 

2016年は空間のスキャンをはじめた

これは今年のお仕事なのですが、複数台のKINECTで一つの対象物をリアルタイムトラッキングするということをやりました。

www.systemfriend.co.jp

 

ここで編み出したのが世界を作るのに重要な下記のしくみです。

  1. センサーの現実空間上での絶対位置と注視方向を求めるしくみ
  2. 複数センサー固有の座標系を単一の基準座標系に変換し統合するしくみ

複数センサーの協調を行いにあたって重要なのはそれぞれのセンサーが物理的にどの位置にあり、どちらを向いているか、ということが正確にわかっていることです。
しかしこの現実世界で設置位置XYZを正確に固定するには位置関係の変わらない強固なスタンドなどを用意する必要があります。

まあそれはなかなか難しいし柔軟性がないので開発したのがセンサーが自分が見ている映像から自分の空間上の位置、注視方向を逆計算するしくみです。

f:id:peugeot-106-s16:20161230175506p:plain

 

さらにセンサーはそれぞれが原点Oとなってそれぞれの座標系で世界を見つめています。

f:id:peugeot-106-s16:20161230175859p:plain

 

これを世界の中心Oを中心とした基準座標系を定義し、各センサーの絶対位置を元にそれぞれのセンサー世界の座標を世界座標へ変換することよりひとつの世界を定義することができます。

f:id:peugeot-106-s16:20161230180000p:plain

ここで大きいのがこれまで世界の中心だったセンサーやデバイスが、ひとつの世界を覗く覗き窓に役割を買えたという事です。

 

HoloLensをはじめ様々デバイスで世界を覗く

f:id:peugeot-106-s16:20161230180810j:plain

今年の大変大きな出来事、それはHoloLensのデビューです。
このデバイスは空間認識をするので自分の位置、注視方向をリアルタイムに取得することができます。
ということは基準座標系への変換を仕込めば簡単にひとつの世界を覗く覗き窓になることができます。

ということでできたのがKINECTとHoloLensの連携です。
世界の中心と座標系を共有することでひとつの世界でぼくの体がトラッキングされています。

 

この連携は簡単に他のデバイスに広げることができるので、HTC VIVE, Oculus Rift, Tango, 精度は落ちそうだけど普通のスマホ、、全部を世界の覗き窓にできるなと思っています。

 

来年に向けて

今はセンサーがあるエリアでの狭いひとつの世界ですが、GPSと連動して世界通しのグローバル連携をすると本当に現実世界の裏に広がる広大な裏世界「パラレルワールド(厨二的口調で読んでください)」を作れます。
何気ない日常を裏世界への覗き窓デバイスで覗くと全く同じスケールで仮想世界がそこに広がっているわけです。うっひょう!

f:id:peugeot-106-s16:20161230181524p:plain

f:id:peugeot-106-s16:20161230181545p:plain

と、ここまできたところでこれって精度の良いポケGOじゃね?

って思ったんですけど自分で作るのが夢だし、三つ子の魂百までと言いますからきっとライフワーク的にこういうことをやっていくのだと思います。

今年はそれが現実にできるという環境や機材が手に入るようになった、というのが非常にセンセーショナルでした。

来年はどんどんこういうことやっていくぞ!

という意気込みの元今年のまとめのひとつとさせて頂きます。
皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

ドンキの2万円PC「ジブン専用PC&タブレット」を買ってみた

ハードウェア

今年もいよいよもうすぐで終わりですね。

この時期は年賀状の印刷をしますが、我が家はプリンターの近くにある奥さんのPCではがき印刷を行います。
このPCは7年ほど前に購入した少し古めのVAIO
ぼくのお古をネットブラウズとExcelで家計簿がつけられればOKな奥さんにあげた形です。

さて印刷をしましょうか、というときにWindows Updateの再起動要求がきたのでなんとなくポチっとな。

再起動 → Windowsロゴ → クルクルインジケーター待ち → 1時間経過 → クルクルインジケーター待ち...

おーいw!

その後色々調べて恐らくこの時落ちてきたグラフィックドライバが原因。
VAIONVIDIANVIDIAでも少しカスタムが入っているようで純正ドライバしかうけつけません。そこに純正がかぶせられたものだからアボーンなんだろうなという予想。

一応システムの復元で復活はしたもののまあ今後もWindows Updateでこのような事態が起こることは想定されるのでどうしようと思ったときにひらめいたのがチョー安いタブレットへの乗り換えです。
ネットができてExcelさえ使えれば良いのですから!

というわけでドン・キホーテの「ジブン専用PC&タブレット」を買いに行ってきました。
お値段なんと19,800円(税別)!

開封の儀

f:id:peugeot-106-s16:20161229164412j:plain

購入。普通にレジして普通にこのペラペラビニール袋にw
まるでポテチでも買ってきたような軽い気分です。

 

f:id:peugeot-106-s16:20161229164551j:plain

f:id:peugeot-106-s16:20161229164711j:plain

パッケージを開封するとタブレット部分とキーボード、あとACアダプタが入っています。以上。

f:id:peugeot-106-s16:20161229164800j:plain

少し画面の映り込みが強いかなと思いましたが普通にWindows10が起動。
ヘビーユースをしないという前提で特にストレスなどは感じませんでした。

 

注意点

ストレージの小ささ

f:id:peugeot-106-s16:20161229165102j:plain

全体のストレージとしては32GBのサイズがあり、初期状態で空きは17.8GBの空きがあります。
これは十分なようでWindowsの大型アップデートなどを適用するととたんに足りなくなってきます。
初期状態ではWindows10 ビルド1511が搭載されているためAniversary Updateをあてると空きが3GB程度まで減少します。
これはアップデート時に以前のWindowsに戻すオプションのためにバックアップが取られることによるものなので、不要であれば[設定]-[システム]-[ストレージ]-[PC]-[一時ファイル]より削除を行うと空き容量が復活します。

 

Excelはビューアーだった

このPCはあらかじめOffice Mobileがインストールされています。
このMobile版、起動してみたらビューアーでした(笑)
家計簿を記入する場合はOffice365を購入するか、手持ちのOfficeをインストールする必要があります。
Officeがまた空き容量を圧迫するのでいるものだけをインストールすると良いと思います。

f:id:peugeot-106-s16:20161229171000j:plain

 

まとめ

若干注意点はあったものの、普通の人が普通にネットしたりExcelを使ったりするには必要十分なものだと思いました。


ぼくは普段重量級ゲーミングノートG-Tuneを持ち歩いてミーティングしメモをとったりするし、スタバでもMacBook Airを開く没個性な一般ピープルたちを尻目にG-Tuneでドヤるのが好きだし、新幹線でもG-TuneでUnityなどを開いて作業することでとなりの人に圧迫感を与えることもよしとしているのだけれど、とにかく重たいしバッテリーもあっという間になくなってしまうので、脇差し的にこのタブレットをさっと開いてさっとメモをとるという方向にひよるのもアリかしらと思いました(笑)

Inkで手描きもサラサラできますよ。
子ども用PCとしてもいいんじゃないでしょうか。

f:id:peugeot-106-s16:20161229165042p:plain

オープンソースカンファレンスでオープンソースに関係ない話をしてきました

イベントレポート KINECT HoloLens AR VR MR

2016年11月27日はオープンソースカンファレンス広島でお話をさせて頂きました!

www.ospn.jp

 

オープンソースカンファレンスは初めて参加することになったのですが、右も左も空気もわからないまま、日本マイクロソフトさん枠での登壇です。

何か日本マイクロソフトさんからのお知らせ的なことを喋りましょうか?と確認しましたが、「前本さんの好きなことを喋ってもらうのが一番いいと思います」という事でしたので好きなことを好きなようにお話させていただくことにしました(笑)


というわけでセッションタイトル「Kinect やセンサーデバイスと連動した楽しいアプリ開発」!

ザ・オープンソース関係ない!

www.ospn.jp

 

まずは日曜の昼過ぎに広島に到着して会場へ。

f:id:peugeot-106-s16:20161227222459j:plain

ううむ。となり気になるなw

 

f:id:peugeot-106-s16:20161227222552j:plain

こちらがポスター。かわE。

 

f:id:peugeot-106-s16:20161227222621j:plain

展示ブースがあり、スポンサーブースとコミュニティブースといった構成でした。

 

f:id:peugeot-106-s16:20161227222655j:plain

ひと際興味深かったのがこのシャープ X68030

f:id:peugeot-106-s16:20161227222754j:plain

なんと適合する電源パーツを数年をかけて見つけて復活したそうです。
これはすごい!
ぼくも最近ハードディスクが逝ってしまった実家のFM-TOWNSをレストアしたくなりました。

 

その後セッションへ。
自分が話していたのでうっかり写真が全くないのですが全くオープンソース関係ないのにそこそこ話を聞きに来てくださって楽しんでもらえたようです。

スライドはこちら。
KINECTとUnityを使ったコンテンツ、リアルとバーチャルを重ね合わせるための基本のところ、おまけに最新の話題としてHoloLensの話を少々です。

 

 その後の打ち上げでは「きゃらみらー」を真似して作っています、という大学生と出会えたりして楽しかったです。

OSC広島お疲れ様でしたっ、 - Spherical Image - RICOH THETA

 

というわけで初めて参加したOSS広島、楽しかったです。
ありがとうございました!

小学校の体育館を遊園地にしてきました

イベントレポート

2016年11月26日は、小金井市立前原小学校で子どもたちに向けたテクノロジー体験イベントに出展してきました!

2020年から小学校でプログラミング教育が必修となりますが、この前原小学校(松田孝校長)ではすでに積極的にプログラミングを教育に取り入れています。

この日には学校が公開され、1年生から6年生までの全クラスで1時間のプログラミング授業を実施。
体育館ではTMCN (Tokyo MotionControl Network)の協力による「テクノロジー体験」が並行して開催され、なんと全部で20ほどの様々なデジタルガジェットや学習アプリ、ドローンが展示されました。

松田校長のお誘いで以前も多摩市愛和小学校でもイベントをさせてもらいました。

www.systemfriend.co.jp

 

さてさて、小学校に潜入するよ~(ワクワク)

f:id:peugeot-106-s16:20161225213619j:plain

 

この体育館の感じ、懐かしいです。
ぼくは小学校の時少しだけ卓球部に入ったことがあるのですが、体育館の端と端にわかれて力任せに撃ちあう卓球しかやったことないです。
卓球台とかだとちょっとスケールが小さすぎて全然ダメでしたね。

f:id:peugeot-106-s16:20161225214159j:plain

 

この体育館があっという間に数々のアトラクションで遊園地になってゆきます。

f:id:peugeot-106-s16:20161225214305j:plain

f:id:peugeot-106-s16:20161225214354j:plain

f:id:peugeot-106-s16:20161225214405j:plain

f:id:peugeot-106-s16:20161225214417j:plain

 

そして僕も「きゃらみらースペシャルバージョンをこの日のために用意しました。
こちら子どもはみんな大好き「く○みらー」です!!

youtu.be

万一これは展示にふさわしくないかも、、なんて言われないように展示するまで秘密にしていました!

そしたらやっぱり大盛り上がりでしたね!おとがめなしです。

f:id:peugeot-106-s16:20161225214856g:plain

f:id:peugeot-106-s16:20161225214915g:plain

f:id:peugeot-106-s16:20161225214942j:plain

今回の展示での気づきは下記の点です。

  • く○系なので男の子大喜び、女の子ドン引きかと思いきや女の子も大盛り上がりだ
  • 女の子は映像に映る自分の変身を楽しむが、男の子は自分が変身したキャラであってもただただ目の前のものを殴り蹴り倒そうとする
  • 女の子はどちらかと言うと人間だが男の子はどちらかと言うとケモノである
  • テンションが上がりすぎてスクリーンに突進し倒した男の子も、体験中断を引き起こしたことでほかの子から白い目で見られるとおとなしくなる(自業自得を学んだ)

色々観察できて面白かったなあ!

なおこのイベントの様子は日経テクノロジーさんからも素敵な記事が公開されています。
「く○みらー」も写真を載せて頂いていますが、若干黄色いモヤモヤが見える程度で言わなきゃなんだからわからないと思うのでセーフです!
(ご掲載ありがとうございました!)

techon.nikkeibp.co.jp

 

ものすごい数の子どもたちが嵐のように体験していったこのイベント。
その勢いに圧倒されましたがとにかく楽しく、身近なテクノロジーを活かせば楽しく効果的に学習をすることができるということが伝えられたのではないでしょうか。

 

 

そのあとの打ち上げも大盛り上がりでした!!

本日のランチ! - Spherical Image - RICOH THETA

「WebVRとか文化祭」でHoloLensアプリの開発方法を話しました

イベントレポート Unity HoloLens RealSense AR VR MR

2016年11月23日は「Web VRとか文化祭(html5j Webプラットフォーム部スピンアウト企画)」で登壇し、HoloLensアプリ開発の最初の一歩としてユニティちゃんを呼び出す方法をご紹介しました。

eventdots.jp

 

全くWebでどうこうする話ではなく、Web VRとかの「とか」領域の話ですが、GitHubに公開されているツールキットにアクセスするのにWebブラウザを使いますし、きっとそのページはHTML5で記述されていると思うのであながち無関係ではないはずです!

 

会場は渋谷のdots.さん。
とても綺麗なスペースで気分もあがります。

こちらに来るのは「Unity Rendering Wizard の集い」以来ですね。

www.systemfriend.co.jp

f:id:peugeot-106-s16:20161218215732j:plain

f:id:peugeot-106-s16:20161218215832j:plain

f:id:peugeot-106-s16:20161218215858j:plain

 

登壇資料はこちらで公開していますのでご参照ください。

www.slideshare.net

シンプルなHoloLensアプリはUnityを利用すれば簡単に作ることができます。
ただやはり実用的であったり少し高度なことに足を踏み込むと広範囲な経験とスキルが求められます。

f:id:peugeot-106-s16:20161218220410p:plain

ぜひこの資料をもとにホログラフィック・アプリケーションを開発する人が増えてくれると嬉しく思います。
プロジェクト一式は下記からダウンロード可能です。

GitHub - SystemFriend/HoloLensUnityChan

展示

今回は展示もありました。
HoloLens実機は体験会とする意図はなかったので静態展示です。

f:id:peugeot-106-s16:20161218220750j:plain

その他もあのSurface Dialが来ていたり

f:id:peugeot-106-s16:20161218220838j:plain

上海問屋版のIntel RealSense SR300Intel Joule上で動いているデモなどなど、なかなかレアなものが見られました!

f:id:peugeot-106-s16:20161218221226j:plain

 

なお、その他の部分も網羅されたすてきなイベントレポートがCodeIQさんからリリースされていますのでこちらもぜひ。

codeiq.jp

Twitterまとめもございます。

togetter.com

 

この「Web VRとか文化祭」、年明けにもあるようでそれって寒中文化祭っすかという思いはありつつそちらはもっと盛大らしいです。
どうもまた喋らせてもらえるとか貰えないとかということですのでまたホロネタを仕込んでいこうと思っています。

楽しい文化祭に参加させて頂きありがとうございました!

NUI(Natural User Interface)についての考察

イベントレポート その他 KINECT

最近あまりNUI(Natural User Interface)っていう言葉を聞かなくなってきた気がします。
一時はCUI,GUIに続く次世代の入力インターフェイスとしてジェスチャー入力が近未来感とともにもてはやされていた気がします。

しきりに耳にしたワードがこれ。

「マイノリティリポートの世界がいよいよやってきた」

http://www.jikanryoko.com/images/mino.jpg

 

 

でもいざ多くの人が使ってみて薄々気づいてしまったんだと思います。

30秒も腕を上げているとすごい疲れるし、思ったように操作できないということに。

f:id:peugeot-106-s16:20161212221154j:plain

f:id:peugeot-106-s16:20161212221350j:plain

えw タッチすればよくね?ということに。

 

ぼくもKINECTを触り始めてもう6年になりますが、最初にチーム制作したAIR SHODOUを通して、これは達人にしか扱えないのでは?という事に早くから気づいていました。

でも一向にマイノリティポートみたいなことをやりたいというオーダーは後を絶ちません(笑)

ぼくはこれを「マイノリティリポート症候群」と呼んでいます。
またこのようなインターフェイスのコンテンツを「ゴリラ腕養成ギブス」と呼ぶ友人もいます。

要は、人間というのは空中にある見えないものを正確に操作するようにはできていない生き物だと思っています。
指輪型デバイスのような物理スイッチャーを使っても依然それは難しいものです。


なのでジェスチャーUIを使いたいという要望に対しては企画段階からしっかりお断りするか、老弱男女、人種を超えてだれでも間違えないものに限定するか、ブースの造作や物理ボタンやタッチパネルで補助するような提案に落とし込むよう誘導すべきです。
悲劇はそれが決定事項として降りてくるようなお仕事でそれはやめたほうがいいですw

このDUVETICAのヴァーチャルフィッティングのように頭上のモヤモヤを触るというとても簡単で直感的なスイッチでさえ、観察していると数十人に一人程度の割合ではありますが画面のモヤモヤをタッチしにゆく人がいるのです。
これは結構衝撃的でとても勉強になりました。

youtu.be

 

このような経験からNUIってなんだろうって深く考えるようになりました。
必然性もないのに画面から距離をとって立つ必要があり、ジェスチャー操作のしかたが説明書きとして貼ってあり、それに従わなければ操作できないUIのどこがNaturalなのだろうと。

Natural = 自然 = 特別なことをしなくても使える

ここまで来ないとキーボードやマウス、タッチパネルという便利なインターフェイスに肩を並べることはできないと思います。

 

そういう経緯で生まれたのが「きゃらみらー」です。

開発コンセプトとゴールは

「一切の説明をせず置くだけで子どもたちが狂ったように遊びはじめるその様を後ろからビールでも飲みながらほくそえみつつ楽しむ」

これはかなり成功したので満足しています。

機能追加をするときは厳選して上記コンセプトに反しないものだけを少しだけ足すようにしています。

ジェスチャー入力としては「そこに立つ」というのが最もシンプルで世界中誰でも間違えずにできるものでそれ以上はよほど自然なものでないと難しいなと思っています。

また変な誘導を作らないことで子どもたちはそこで例えばいかにセンサーに検知されず近くまで近よれるかを競うだるまさんが転んだのような新しい遊び方を編み出してきたり、場所を分け合ってみんなで楽しく遊ぶルールを自分たちで作るような社会性を発揮したりと、観ているとほんと面白いです。

youtu.be

 

というわけで、2016年11月20日、横浜市金沢区役所のCode for Japan Summitで展示した「きゃらみらー」も置いただけでとても盛り上がっていました!
(この記事は実はイベントレポートでしたww)

f:id:peugeot-106-s16:20161212224515j:plain

f:id:peugeot-106-s16:20161212224552j:plain